» 新着情報

クリープパーマ

2010/10/5

クリープパーマとは

やわらかいふんわりとした質感で、しっかりと大きめでもかけられるパーマです。

パーマのもちがよく、濡れてる時と乾いた時のパーマの形状があまり変わらないのが特徴です。

軟毛でウェーブのもちが悪い方にも弾力のあるフワッとしたパーマがかけられます。


クリープパーマの施術工程

(プレ処理)
毛先のダメージ部分の補修をし、ナノスチームで浸透させます。
|

(ワインディング)

|

(1剤塗布)
放置タイム。
|

(中間水洗)
パーマが7~8割程度かかったところでお湯で1剤をしっかり流します。
|

クリープ期
(中間処理)
高分子ケラチン、CMCなどを補います。
|

(クリープ)
モルビドスチームなどを使い加温することで毛髪内の分子構造が
ロッドの形に移動して形状記憶していきます。
|

(ドライ)
パーマのかかりにくい方、軟毛の方はスチーム後ドライヤーで
乾かすとウエーブを安定させることができます。


(2剤塗布)
1剤で切られた毛髪内の結合を再結合させ、パーマを固定します。
|

(お流し)
よく洗い流し、後処理をして仕上げます。
This entry was posted in 新着情報. Bookmark the permalink.